大逆転

高校野球で大逆転とくれば、第96回全国高等学校野球選手権大会の石川県大会が思い出される。星稜対小松大谷の決勝戦。8回を終わって、小松大谷が8対0と8点リード。決勝戦以外なら、ゴールドになっている点差だが、決勝戦にゴールドはない。9回裏に星稜が9点…

後1人

先日、松坂大輔の今シーズン限りでの引退が発表された。活躍は、ここに書くまでもないと思うので割愛。この世代は松坂大輔が甲子園で活躍して、現時点でタイトルホルダーは沢山いるが、名球会には到達していない。よって、活躍した選手が沢山いるイメージが…

フレッシュオールスター

オールスターに先立って、フレッシュオールスターが行われた。主に若手が出るオールスター。イースタンリーグ対ウエスタンリーグの試合である。巨人の選手は、平間隼人が6番レフトでスタメン。平内龍太。戸田懐生。この3選手が出場。これを経験にこれからの…

オールスター

今年のオールスターは1勝1敗で終えた。巨人軍の選手は 高橋優貴は第1戦の先発。2回を2失点。山川穂高にタイムリー2点二塁打を打たれる。 戸郷翔征は高橋優貴の後を継いで3回のマウンドへ。レアードに本塁打。1回1失点。 ビエイラ。8回裏に登板。島内宏明にヒ…

順位のおさらい

坂本勇人の安打数の順位のおさらい。昨年2000本安打を達成。今年は2003安打からスタート。歴代52位であった。駒田徳広、田中幸雄、ラミレス、柴田勲、野村謙二郎、新井昌宏、小久保裕紀、荒木雅博、和田一浩、加藤英司、江藤慎一、有藤道世を抜いて、歴代40…

虎の子の1点

阪神対巨人の第3戦目は文字通りに1点を争う展開。巨人の先発の高橋優貴は、今シーズン阪神戦3戦3勝。対する西勇輝も巨人戦3戦3勝。どちらも、投げれば勝ち投手になっている状態だ。しかし、今日投げ合うことにより、どちらかに勝ちがつかない。或いは、両方…

名誉挽回

挽回とは、一度失ったものを取り返すと言う意味である。2.5ゲーム差で迎えた首位攻防戦。3回裏、ウィーラーが後逸。続く、坂本勇人も後逸とノーアウト1塁3塁と相手にチャンスを与えてしまう。近本光司の内野ゴロと糸原健斗のタイムリーで2点を先制されてしま…

いざ決戦へ

首位攻防戦の前のカードの中日戦。1勝1敗で迎えた第3戦。巨人は柳裕也を打ち崩せず、0対1での敗戦。阪神がヤクルトに勝ったため、首位阪神とは2.5ゲーム差となった。2.5ゲーム差で迎える首位攻防戦。 第1戦の予告先発は、秋山拓巳と戸郷翔征。巨人の戸郷翔征…

最悪の負け方をした翌日

昨日、中日相手に逆転負けした。2対1でリードの6回裏にノーアウト満塁。梶谷隆幸がサードゴロでのホームゲッツー。北村拓己が三振とチャンスを逸す。すると、8回表に高梨雄平が捕まり、逆転を許す。試合はそのまま2対3で敗れる。阪神もヤクルトに勝ったため…

よく見かける

よく見かける、サンチェス対大野雄大。3月16日のオープン戦で投げ合う。シーズンが始まってからは、開幕2カード目の初戦。1点を巡る攻防の末、3対3の引き分け。中島宏之が大野雄大から本塁打を打っている。2回目は4月13日の東京ドーム。1対1で7回へ。伏兵の…

上位は譲らず

今日、巨人が勝って阪神が負けると、首位交代だったが、デイゲームで阪神が勝ったため、首位奪還は無くなった。それと同時に、離されないためにも、負けたくないゲームとなった。 先発投手はメルセデス。怪我から帰ってきて、ここまで3勝1敗とチームを救って…

実は

巨人のゲームは神宮でベイスターズという試合だったが、雨で中止。阪神は広島と対戦。広島が2回裏に一挙7点を挙げてゲームを決めた。阪神は西勇輝を立てて、1対7の敗戦。今後に尾を引くような負け方になるかもしれない。ヤクルトは中日の柳裕也を打ち崩して…

いよいよ視界に

7月最初のゲーム。今年のペナントを占う意味でも大きな勝利。1勝1敗で迎えた第3戦。菅野智之を立てて、絶対に負けられない試合であった。ところが、菅野智之が1回に1点、3回に3点と4失点。嫌なムードが漂う中、松原聖弥がツーランを放ち2点差に。4回は四球か…

連勝ストップ

山口俊が8回の途中まで、ノーヒットピッチングも広島の野間峻祥がホームランを放ち、ノーヒットノーランは途切れる。達成すれば、自身2度目という久しぶりの記録だったが。その後のチャンスも活かせず、0対1で敗戦。相手投手の九里亜蓮を攻略できなかった。 …

大リーグでは

大リーグでは、澤村拓一が5対5の同点で迎えた6回途中から登板。この回を無失点に抑える。その裏に、レンフローがソロホームランを放ち、そのまま勝利。澤村拓一に4勝目がついた。巨人の時はいろいろあったが、この活躍は素直に嬉しい。この時期に4勝目を挙げ…

戻ってきた

長野の松商学園から、2018年ドラフト3巡目で指名されて入団。2020年には先発として3試合に登板。あと少しで勝ち投手の権利を得るところまで行ったが、ピンチで交代されて、勝ち星を逃したことが話題に。しかし、2020年オフに腰椎間板ヘルニアの手術により、…

3タテ

巨人がヤクルトに3連勝。阪神がベイスターズに3連敗。文字通りの3タテで、ゲーム差が2.5に縮まった。 土曜日の試合は2点を先制されるも、坂本勇人のタイムリーと北村拓己のスリーランなどで逆転。2回〜5回までに9点を奪う効果的な得点で圧勝した。日曜日は、…

5連勝。貯金10。

敵地神宮での一戦。やや苦手な石川雅規を大城卓三のツーランと岡本和真のスリーランで攻略。投げてはメルセデスが7回を1失点にまとめて、7対1での勝利。中川皓太が助骨骨折で、オリンピック辞退という暗い話題をふっ飛ばした試合展開。 メルセデスが7回を投…

完勝

北陸シリーズ2連戦は巨人の2連勝で締めくくった。第2戦は富山での試合。巨人の先発は大リーグから戻ってきた山口俊。相手は古巣の古巣のベイスターズ。対する投手は今永昇太。怪我から復活してきた。今後を占う試合と予想した。試合は初回に柴田竜拓の本塁打…

地元で活躍

今日のヒーローは北村拓己だろう。石川県金沢市出身。今日は久しぶりの北陸シリーズで石川県での試合。8番セカンドでスタメン。地元だからではなく、4打数2安打。2打数1安打とスタメン2試合で大当たり。吉川尚輝の離脱で空いたセカンド。好調を維持してのス…

少し前までは

今日から、ベイスターズと北陸2連戦。金沢、富山と続く。首位阪神は中日と、ヤクルトは広島と3連戦である。巨人は2連戦のため、取りこぼしはできない。阪神やヤクルトが3連勝すると、2連勝でもゲーム差は広げられてしまう。1勝1敗で3連勝されると、ゲーム差…

残った。

1勝1敗で迎えた阪神との3戦目。今日勝てば、阪神との差は6ゲーム差に。負ければ、8ゲーム差に広がる天下分け目の決戦。 試合展開は、投手戦で5回まで試合は動かず。6回表に巨人が動く。先頭の8番北村拓己がヒットで出塁。代走に湯浅大。打者の高橋優貴に代え…

土俵際で踏ん張った

阪神との甲子園での決戦。初戦は敗れて8ゲーム差に。まさに、崖っぷち。すなわち、土俵際である。初回に岡本和真の犠牲フライで先制も、その裏に大山悠輔のタイムリーですぐに追いつかれる。しかし、ここから今日は崩れない。戸郷翔征が踏ん張って点を与えな…

滅多にない

ベイスターズ対広島の一戦。会場は東京ドーム。横浜スタジアムがオリンピックの野球、ソフトボールで使用するため使えず、ベイスターズが東京ドームの3塁側に座るという珍事が起きた。一方の巨人は阪神にあっさり敗れて、阪神とのゲーム差は8ゲーム。明日は…

暇なので、楽しんでください

名球会事情。2000安打、200勝、250セーブが条件。 これに近いのは、栗山巧。現在1965安打。今シーズンは開幕当初に足の張りを訴えたことで、登録抹消。出遅れたが、復帰してからは順調に安打を重ねる。残り74本で始まったが、残り35安打となっている。今年は…

電撃退団

スモークの電撃退団が濃厚となった。打率は.272。本塁打7本。打点14の成績。今シーズンはコロナ禍の影響で、来日が遅れていた。更に、同じ新外国人のテームズも1試合で離脱した。そこコロナ禍で家族が一緒に来日できなかったことが、大きかった。 そして、今…

さあ、どうなる

首位阪神とは、交流戦が終えて7.0ゲーム差と広がった。リーグ再開は金曜日。3連勝すれば、4.0ゲーム差と一気に縮まるが、3連敗したら10.0ゲーム差となり、ほぼ終了状態になってしまう。先発投手は、先週の週末ローテのメルセデス、戸郷翔征、菅野智之と行く…

快勝

ロッテに快勝。11対4。初回に3点先制も裏に2点を返される。ところが、3回に打線が大爆発、7点を取って8点差。勝負ありだった。岡本和真のスリーラン2発と、中島宏之のスリーラン。同じホームランでも、ランナーがいる時のホームランは威力が凄まじいことを表…

一軍登録

走塁中に指を骨折した坂本勇人が登録された。およそ1ヶ月での復帰。吉川尚輝が死球骨折で、暗かったが、明るい話題と活躍でチームを勝利へと導いてほしい。 これだけではなく、先日に育成選手から支配下された戸田懐生投手も登録された。育成から上がるとい…

ロッテ編

交流戦最後の相手がロッテ。坂本勇人の復帰でチームが勢いに乗せようと思ったが、今度は入れ替わりに吉川尚輝の骨折。なかなか思うように組めない。先発投手は、本前郁也、美馬学、小島和哉の予定。本前と小島は左腕なので、宮城大弥にやられたように、苦戦…