打倒張本

通算2003安打で始まった、坂本勇人の安打数。指の骨折の影響もあり、117試合で115安打だった。1試合に1本ほど打つと言う計算になる。通算安打数は2118安打に。歴代31に躍り出た。後1安打で前田智徳、後2安打で小笠原道大、後4安打で清原和博に並ぶ。ごぼう抜…

大型連敗について

巨人の終盤戦は大型連敗になった。原因の1つとして、投手の中5日、中4日起用。すなわち、6番手の谷間を置かず、菅野智之、メルセデス、高橋優貴、戸郷翔征、山口俊の5人で回したことが原因だと言われている。 10月2日。ベイに5対4の後は、ベイに3対3、ヤクル…

レギュラーシーズン全日程終了

143試合のレギュラーシーズンを一番最初に終えた。61勝62敗20分の成績であった。ヤクルトと広島には五分。阪神と中日には負け越し。ベイには勝ち越しだった。交流戦は借金1とまずまずの成績。勝ち頭は11勝の高橋優貴。そして、9勝の戸郷翔征。6勝の菅野智之…

久しぶりの圧勝

今年のレギュラーシーズンは後2試合。今日の相手は優勝を目前としているヤクルト。ここは、何としても良い試合をして、クライマックスシリーズにつなげたい。 先発の菅野智之は5回1失点とゲームを作る。丸佳浩のスリーランで先制して、有利な展開に持ち込む…

同期に負けるな

10月22日。みやざきフェニックスリーグのヤクルト戦。堀田賢慎が4回から2番手で登板。2回を1安打無失点4奪三振と好投した。最速は151キロを記録。 2019年ドラフト会議。巨人は奥川恭伸を1位指名。ヤクルトと阪神との競合となり、抽選の結果、奥川はヤクルト…

続いて

亀井義行引退会見の翌日に、大竹寛引退のニュースが入ってきた。大竹寛のイメージはシュート投手。広島が低迷していた頃は、エースとして孤軍奮闘していたのも印象強い。 2014年に巨人にFAで移籍してきた。1年目は9勝6敗とソコソコの活躍。そこから成績は下…

お疲れ様でした。

本日、衝撃的なニュースで起床。亀井義行の引退だ。先日、別のスポーツ紙でチョロっと記事が出たが、本日、正式に報道された。度重なる怪我を乗り越えて、今年も5番を打つなど活躍。一時期は、矢野謙次か亀井義行のどちらかが、その年に活躍する。同時には活…

今年のドラフト

今年のドラフトは本命不在と言われていた。高校、大学、社会人、独立リーグを通して、ずば抜けた逸材がほとんどいなかったのだろう。しかし、それにより各球団とも、的確な補強ができたのではないか。巨人は明らかに先発投手を含めた投手陣に難があった。今…

今週は

優勝の望みを託して迎えた今週。ヤクルトにまさかの3連敗。そして、プッツンが来たのか、広島にも3連敗。今週は悪夢の1週間であった。そして、成績も59勝57敗18分と貯金も2つになった。3位以上のクライマックスシリーズ出場も決まらず、広島とはゲーム差が6…

状況は厳しいが

ヤクルトに連敗して、ゲーム差は7.5に。かすかに優勝の可能性はあるも、対象チームがヤクルトと阪神の2球団のため厳しい。残り10何試合を巨人が全勝、ヤクルトが全敗の可能性もある。それに阪神も全敗はしない。ヤクルトと阪神の対決があるからだ。今日負け…

キャリアハイとは

キャリアハイとは、そのキャリアの中で最高という意味である。スポーツで言えば、そのシーズンで、今までよりも最も良い成績になった事を言う。さて、キャリアハイの選手が多いとどうなるだろうか。多ければ多いほど、チームの成績は上がっていくと思う。 今…

今日の敗北により

ヤクルトに2対3で競り負けた。ここ一番の場面でヒットが出なかった。ヤクルトとは6.5ゲーム差。阪神とは5.5ゲーム差。数字上は可能性あるが、上に2チームいる事で、逆転は限りなく厳しくなったと言えるだろう。可能性がゼロになるまで諦めない事は大前提だが…

分かりやすい

明日からは首位ヤクルトとの3連戦。首位ヤクルトとのゲーム差は5.5ゲーム差。巨人の残り試合は15試合。ここで、3連勝すれば2.5ゲーム差となる。文字通り一つでも負ければ、優勝の可能性はほとんど絶望になる。3連勝して初めて首の皮が繋がるということだ。 …

連勝‼️

試合内容はともあれ、ベイスターズに連勝。奇跡の逆転優勝は向けての形はできたかな。今日は、予告先発の山口俊が右肘の違和感で、急きょ畠世周に変わった。その畠世周は3回を2失点とゲームを一応整えた。そこからは、田中豊樹、高木京介、高梨雄平、中川皓…

キャプテンが打たないと

坂本勇人の第4打席。ワンアウト一塁の場面。このところ、調子が悪く無安打の試合が続いた。それと比例するように、巨人打線は中日投手に完全に抑えられた。この日も3打席目まではいいところがなかった。第4打席は、レフトへのツーベースヒット。久しぶりの安…

必見ローテーション

これからの対戦相手と中4日ローテーションを合わせてみた。 9月28日 中日 戸郷翔征 9月29日 中日 高橋優貴 9月30日 中日 メルセデス 10月1日 ベイ 菅野智之 10月2日 ベイ 山口俊 10月3日 ベイ 戸郷翔征 中4日 10月5日 ヤク 高橋優貴 10月6日 ヤク メルセデス…

ファンなら

ファンなら、絶対に諦めない。残り21試合。首位ヤクルトと2位阪神、共に4ゲーム差。ヤクルトとは、10月5日、6日、7日、15日、23日、24日と6試合。東京ドームは23日のみ。阪神とは、10月12日から東京ドーム3連戦。21試合中9試合対戦する。勝てば近づき、負け…

歴代32位タイ‼️

坂本勇人が3回裏にレフト前ヒットを放ち、通算2101安打とした。これは、中村紀洋に並んで歴代32位タイとなった。 初回、阪神に2点先制され、更に3回に1点を追加される苦しい展開。3回裏、乱調メルセデスに代打は八百坂卓丸。八百坂卓丸がヒットを放つも、吉…

歴代33位タイに‼️

昨日、最下位広島の床田寛樹に、まさかの初完封勝利を献上。阪神が勝ったため、ゲーム差は3.5ゲーム差に。これ以上離されることは、V逸になる可能性が高くなる。週末に直接対決があるので、今日は負けるわけにはいかない。相手投手は九里亜蓮。坂本勇人の第1…

34位タイに‼️

坂本勇人が、昨日のマルチ安打で歴代35位タイに躍り出た。最近の状態は絶好調と言っても良いだろう。今日は、首位阪神との甲子園決戦。変則日程のため、1試合しかない。勝てば2.5差にゲーム差は縮まる。負ければ4.5ゲーム差となり苦しくなる一戦。 先発投手…

新人王争いの行方(パリーグ編)

新人王争いの行方パリーグは、前半は宮城大弥と早川隆久による両左腕と言われていた。宮城大弥は現在11勝2敗。防御率2.26と抜群の成績を残している。一人で貯金を9つ作ってることも素晴らしい。一方の早川隆久は、6月6日に7勝目を挙げて以来、勝てなかった。…

歴代35位タイ‼️

坂本勇人が通算2093安打で迎えたこの試合。第2打席で反撃の狼煙となる本塁打を放つ。この時点で、歴代35位の松原誠に1本差とした。そして、7回裏の第4打席。ワンアウト満塁というビッグチャンスに、レフト線へのツーベースヒット。チームは同点に追いつく。…

新人王争いの行方(セリーグ)

新人王争いの行方は少しずつ見えてきた。セリーグは広島の栗林良吏が本命だろう。広島の抑えとして活躍。ここまで40試合0勝1敗24セーブを挙げている。素晴らしいのが、0.45の防御率。普通の中継ぎや抑えでも一級品の数字である。更に、侍ジャパンでも活躍し…

名ショートを抜いた

今日のベイスターズは初回に3点を先制。またもや、苦しい展開に。坂本勇人は試合前までに、2089安打としていた。松井稼頭央に後1本と迫っていたのだ。 反撃は4回裏。坂本勇人にツーランが飛び出した。1点差にすると同時に、松井稼頭央に並んだ。しかし、点差…

相手が中日と思ったら

金曜日と土曜日、中日に完敗して3タテは避けなければと思ったら、相手は広島だった。しかも、ビジターでマツダスタジアム。巨人の先発投手は菅野智之。中4日で、マツダスタジアムでは、よく打たれているイメージがある。これは、どう考えてもヤバいと思った…

歴代単独37位

坂本勇人が坂本裕哉からライト前ヒットを放ち、通算2082安打とした。これは、歴代単独37位である。これより上は更に大物ばかりだが、今年には塗り替えるだろう記録である。これからも、坂本勇人の安打に注目していきたい。 34位 古田敦也 2097安打 35位 松原…

誕生日の次の日に記念日になるのか?

西武の栗山巧選手が、2000本安打に王手をかけた。誕生日だった9月3日を残り2安打、1998本で迎えていた。マルチ安打を達成すると、バースデー2000本安打となる。相手投手は田中将大とハードルは高い。一ゴロ、中犠飛、一ゴロとヒットが出ない。同点で迎えた最…

課題

今年のセリーグは3チームが団子状態で優勝を争っている。週明けのゲームはヤクルトに2勝1分で見事に勝ち越した。そして、週末は阪神との甲子園決戦。先発は苦手にしている西勇輝と戸郷翔征。戸郷翔征はオリンピック中断があったといえ、7月と8月は未勝利。そ…

サイクル逃すも首位キープ

阪神ではなく、ヤクルトとの首位攻防戦。巨人はメルセデスが先発。ヤクルトは巨人が苦手としている小川泰弘。投手戦が予想されたが、試合は思わぬ展開になった。 初回から本塁打の打ち合い、青木宣親が打てば、丸佳浩と吉川尚輝で応戦。2回にサンタナのツー…

二桁勝利

高橋優貴が二桁勝利を達成した。7月11日の首位攻防戦で、西勇輝と連勝対決を制して9勝目を挙げてから、勝ち星が遠ざかっていた。その間に、阪神の青柳晃洋や秋山拓巳が二桁勝利の10勝目をあげていた。勝ち星で抜けていたが、追い抜かれた形となっていた。チ…