次回の反省が活きたかな?

 サンチェスが見事に前回の反省を活かした。1週間前の広島戦。4回を終えて5対1と楽勝ムード。しかし、5回表に崩れる。菊池涼介にヒット。代打のビレラもヒット。1死2塁3塁で田中浩輔の2点タイムリーで2点差。なお、松山竜平に同点本塁打。試合はそのまま5対5の引き分け。勝ち投手になれるどころか、チームの勝ちも失う。

 そして、本日のヤクルト戦。4回を終えて4対0と前回と同じ4点リード。2死から坂口智隆にヒットを打たれるも、この回を0に抑える。6回途中まで投げて、見事に勝ち投手。怪我もあったが、8勝3敗となる。年俸からは、二桁勝利は必須だろう。サンチェスが安定してくると、日本シリーズに置いては好材料となる。中日が絶好調のため、楽勝優勝ムードが少し萎んだが、チームの調子を戻して、シーズンを終えたい。

救世主とは

 巨人が最近の試合で足踏みをしている。その間に中日か追い上げている。まだ、余裕はあるが、マジックがなくなるまでは優勝は決まらない。絶対的エースの菅野智之で負けて、戸郷翔征で必勝をきしたが、デラロサがノックアウト。大江竜聖と田中豊樹で踏ん張れず痛恨のドロー。チームの雰囲気はくるしい状況。

 そこで、立ち上がるのが高橋優貴。今シーズンは出遅れたが、復帰戦の先週の試合で見事に勝ち投手となっている。復帰2戦目。このやな雰囲気を吹き飛ばし、勝利に導ければ巨人になくてはならない投手となるだろう。明日、勝ち投手となれば、文字通りの救世主となるだろう。快投を期待したい。いろんな意味で、明日は注目の一戦となる。中日の負けを期待するのではなく、自力でマジックを減らしていかないと、調子を上げているソフトバンクや、ロッテには勝てないかもしれない。先を見据えた戦いも必要となる。

大卒の本塁打事情

 佐藤輝明選手が左打者の長距離砲として期待を集めている。何球団が競合するのか。楽しみな面が強い。さて、最近の主な大卒強打者はどうだろうか。

 大山悠輔。1年目は75試合に出場で本塁打は7本。1位の役割は果たしてないと言われた。2年目は11本。3年目は全試合出場ながら、14本と長距離砲としては物足りない。4年目の今年、一気に開花した。

 柳田悠岐。ルーキー年は5試合6打数と層の厚いソフトバンク打線では蚊帳の外。2年目は5本と準レギュラーに。3年目は11本。4年目はフル出場で15本。5年目に34本放ち、打率も.363と打ちまくり、トリプルスリーを達成した。

 吉田正尚。1年目と2年目は腰痛に苦しみ、60試合前後で10本と12本。3年目と4年目はフル出場して、26本と29本。フルスイングが板についてきた。今シーズンはアベレージバッティングになったこともあり、ここまで12本だが、打率は.350と好アベレージを残している。

 入団するチーム状況にもよるが、1年目から本塁打を打ちまくることは並大抵ではない。果たして、佐藤輝明は?

二刀流?

 巨人では戸根千明が二刀流として話題に上がっている。投手として120試合登板している。昨年も26登板で防御率1.99と及第点の成績だった。3年前だったか、中居正広のドラフト番組で投手戸根とディスられたことも印象的。その投手が今年から野手転向となった。そして、二刀流を目指すこととなった。

 色々な起用法が考えられる。代打で出てそのまま中継ぎ投手。左投げ左打ちのため、ファーストか外野手とポジションが限られる。実は巨人の不足しているポジションはそこである。見事にハマれば万々歳だが。二刀流はハマれば良いが、ハマらなかったら中途半端で終わってしまう。一応、目処はついたようだ。どのような起用法で再生していくのか。

坂本勇人コンバート案

 坂本勇人のコンバート論が出ている。坂本勇人は今年の12月で32歳。今が一番脂の乗っている時期だが、一つ間違えると下降線を辿ってしまう。現在の坂本勇人は腰痛を含めた下半身にやや不安がある。

 サードコンバート。岡本和真を4番サードで育てたい。守備もかなりうまく、今後ますます上達する可能性がある。サードコンバートは薄い。

 ファーストコンバート。ファーストも地味な動きがあるため、微妙だが内野でコンバートするならファーストかな。ショートは吉川尚輝でセカンドは現在の選手か、新人や移籍してきた選手で補充。その中から、吉川尚輝が故障がちなので、ショートをできる人を準備する必要がある。

 レフトコンバート。実は、これが一番しっくりくるのではないか。そこまで、腰に負担がかからない。昔の松井稼頭央みたいに思い切って外野にコンバートも一つの手ではないか。坂本勇人丸佳浩鈴木誠也と言う外野トリオも見てみたい。もちろん、本人の意思が最重要項目だが。

実は

 本日は10月17日。普段ならクライマックスシリーズが終わり日本シリーズか?と言う時だが、今年はコロナウイルスの影響で変則日程。優勝争いも大詰めを迎えようとしている。巨人は可もなく不可もなく状態だが、中日が大野雄大福谷浩司を中心とした安定している。

 1広○ 2阪⚫️ 3阪○ 4阪○   5阪⚫️

    6ベイ○   7ベイ⚫️   8ベイ○ 9無し 10中○

   11中⚫️   12中⚫️   13広⚫️ 14広○   15△

   16ベイ⚫️

 10月に入って7勝7敗1分と五分。昨日まで、試合が無かったのは10月9日のみと超過酷な日程。本日の雨天中止で少しリフレッシュできたのではないだろうか。中日がもの凄い勢いで追いかけてくる。残り20試合。マジック8。8勝12敗でも優勝が決まる。さあ、ラストスパートだ‼️

 

ドラフト戦略

 今年もドラフト会議が近づいている。誰を指名するのか。当日にあっと思う指名があるのか。

 佐藤輝明。近大の内野手。外野手もでき、左の強打者。一塁手三塁手がほしいチームは必見だろう。

 牧秀悟。中大の内野手。二遊間を守る。二遊間が不足しているチーム、右の強打者が必要なチームは、当日変更で1位に単独指名狙いチームもあるだろう。

 早川隆久。早大の左腕。左投手が不足しているチームは是が非でも欲しい逸材だ。

 栗林良吏。トヨタ自動車の右腕。佐藤や早川から変更するチームもあるだろう。先発投手が足りないチームは指名があるかもしれない。1年目からローテーションに入れる可能性を持つ。

 その他には高校生では高橋宏斗、山下舜平大、伊藤大海は高卒で素材型。一本釣りするチームもあるかも。

 果たして、巨人はどのような戦略で誰を取りに行くのか。