名ショートを抜いた

 今日のベイスターズは初回に3点を先制。またもや、苦しい展開に。坂本勇人は試合前までに、2089安打としていた。松井稼頭央に後1本と迫っていたのだ。

 反撃は4回裏。坂本勇人にツーランが飛び出した。1点差にすると同時に、松井稼頭央に並んだ。しかし、点差は2点に広まった直後に、坂本勇人のソロホームランが出た。この瞬間、松井稼頭央を抜いて、歴代36位に躍り出た。そして、最終回。ビッグチャンスで、タイムリーが出て、同点に追いついた。通算2092安打となった。そして、岡本和真がサヨナラ犠牲フライ。苦しい展開だったが、最終回に逆転して、勝利を収めた。首位の阪神が2位のヤクルトに負けたため、阪神とのゲーム差は2.5と縮まった。と同時にベイスターズ戦の連敗を止めた。坂本勇人が安打を重ねて、ランキングが上がれば、それだけチームは波に乗れて、勝っている可能性が高いだろう。安打記録から目が離せない。