今年の規定投球回イニング達成

 規定投球回イニングとは。規定投球回に達成すると、防御率タイトルに名前が載る。先発投手にとって達成すると、この1年ローテーションに定着したと言えるだろう。すなわち、勲章のようなものだ。前回、ブログでも書いたが、最近は投手分業制により、規定投球回達成者が少なくなってきた。更に、今年はコロナウイルスの影響により、6連戦がほとんどだった。120試合で20試合投げれれば良い方だった。計算上20試合投げて6回以上投げれば到達する。しかし、雨が降ったり、早期ノックアウトされたりすると、その分取り戻すのに苦労する。今年の達成者は、

セリーグ

大野雄大 148.2回

西勇輝  147.2回

菅野智之 137.1回

九里亜蓮 130.2回

森下暢仁 122.2回

青柳晃洋 120.2回

パリーグ

石川歩  133.1回

有原航平 132.2回

涌井秀章 130   回

山本由伸 126.2回

美馬学  123   回

田嶋大樹 122.1回

千賀滉大 121   回

高橋光成 120.1回

 

 セリーグ6人、パリーグ8人となっている。チーム別に数えると、阪神2、広島2、巨人1、中日1、ベイ0、ヤクルト0。楽天2、オリックス2、ソフトバンク1、西武1、ハム1、ロッテ1となっている。